本文へスキップ

宮崎市の将棋教室。宮崎将棋道場では、将棋道場、子ども将棋教室、イベントや大会などを運営しています。

TEL 0985-86-9870
〒880-0951 宮崎県宮崎市大塚町流合4990

宮崎将棋道場
日本将棋連盟宮崎県支部連合会 宮崎県将棋支部連合会

子ども将棋教室

教室の様子

当教室では、棋力の強化はもちろんのこと、将棋を通して日本文化の理解を深めつつ、礼儀作法などを指導しております。
将棋を習うことによるメリットには、次のことが挙げられます。
集中力が身につく 責任感の向上 決断力を高める
記憶力が良くなる 物事の先を読む力がつく
将棋が初めてのお子さまから経験者のお子様までたくさんの子供が習いに来ています。経験に応じて指導いたします。段位、級位も認定しております。
見学や体験は無料です。TEL0985-86-9870 平原までお気軽にお問い合わせください。


  • 将棋の練習方法
17:00〜17:20 詰め将棋20分
将棋は王様を捕まえるゲームです。その王様を捕まえる際の練習として詰め将棋があります。終盤の力を付けます。
17:20〜17:40 棋譜並べ20分
プロ棋士の残した将棋をなぞることによって手筋を学び定跡の研究をする。
17:40〜19:00 対局1時間20分
対局=実戦です。子ども同士で対局を行います。勝敗が決し対局が終了すると感想戦を行い、その対局を省み検討し改善策を見出す作業をします。これは次以降の対局での失敗やミスを少なくしていくことを目的とします。子ども達が成長し社会へ巣立った後も、きっと役に立つものと考えます。
※3月・7月・11月は昇級昇段戦の月で、段・級位の認定をします。

  • 礼節
当教室では、礼節の指導にも力を入れています。礼節とは行動・作法を示し、「よろしくお願いいたします」「負けました」「ありがとうございました」といった基本的な挨拶に始まり所作に至るまでを身に着けます。それら一連の動作の中に、勝ち負けだけでなく「考える力」「負けを認める=責任感のある子」「相手を思いやる」という気持ちなど、子どもが本来持つ豊かな心や生きる力を、より育みます。

  • プロ棋士・奨励会
宮崎県には3名(男性2名、女性1名)のプロ棋士がいます。プロ棋士になるには奨励会で修行し一定の成績を修めなければなりません。奨励会とは簡単に言うとプロの養成所です。当将棋道場はプロ棋士を育成することを目的としているものではありませんが、今現在、プロ棋士を目指し東京や関西にある奨励会に通い日々鍛錬に励んでいる子どももいます。



将棋は、五角形の表裏のある駒を小将棋で40駒、中将棋で92駒、大将棋ともなると130駒を使用します。
そして9マス×9マスの線の引かれた盤の上で、交互に駒を動かしながら、2人で対戦します。勝つためには、対戦相手よりも優れた洞察力・直観力・思考力・創造力が必要になります。
対戦中は、相手の王将駒をいかに早く捕るかを常に考えながら、ゲームを進めていきます。さらに、これらの能力を的確に利用するための戦略性も重要になってきます。
加えて、どのようなことが起きても動じない冷静さ、そして、集中力がとても大切となります。

学校教育への将棋導入事業とは、学校内において、将棋というわが国が誇るべき伝統文化にふれることにより、日本文化の理解を深める機会を設け、礼儀作法の習得、集中力や忍耐力、相手を思いやる気持ちなど児童・生徒の豊かな心や生きる力をはぐくむ機会を設けます。将棋を通じ社会に貢献をすることを目的に行われます。

上記は日本将棋連盟のホームページの学校教育に関する部分の抜粋です。



教室の時間

月曜日  17:00〜19:00
 火曜日  17:00〜19:00
 水曜日  17:00〜19:00
 木曜日・金曜日  教室はありません
 土曜日  9:00〜12:00
  • 上記の中から都合のよい曜日を選んでいただき、週に一度(月間4〜5回)習います
  • 月曜・火曜・水曜日は各10人ほど、土曜日は30人ほどの子どもが通っています。
  • 週に2度以上通う事もできます。詳しくは会費・月謝でご確認ください。

バナースペース

日本将棋連盟宮崎支部

TEL 0985-86-9870
〒880-0951
宮崎県宮崎市大塚町流合4990



nihonshougi

日本将棋連盟公式将棋グッズの
お買い物はこちら↓

online

shougi24


リンク先

EMIとTABOの将棋世界